自分史の制作を格安料金でお受けするサービスがここにあります。

もっと気軽に「自分史」を作ってみませんか?

rougo 「自分史を作りたいがあまり予算がない」
「自分の体験をもっと気軽にまとめたい」
「自分の半生の一こまだけを残したい」

自分史、自叙伝というと制作に予算も時間もかかり、なかなか作りたくても手の届かないものと感じている方のために気軽にご利用いただけるサービスとして、当センターのプチ自分史作成サービスはいかがでしょう?


自分の伝えたいこと、残したいことをもっと分かりやすく伝えるには?

自分史というと、ご自身が生まれてから現在までの物語、それを時系列で追っていくのが通常です。

しかし、何十年という時間の中で体験したことをすべて覚えていらっしゃいますか? もちろん、すべてを記録としてお持ちの方なら自分史の制作についてそれほど時間を費やすものでもないでしょう。

自分史制作において一番時間のかかることは、過去の資料集めや、どのようにそれをまとめていくのか?といった構成を決める作業であるからです。

逆に、自らの人生の中の一コマ。 たとえば、会社を起業した時のことや、闘病されていた時のことなど、特定の数年間のことだけを残しておきたい。 しかも、広く一般に販売するのではなく、ご自身の身の回りの方だけに読んでほしい。 そのようにお考えであれば、それほど膨大な資料も必要ありませんし、ご依頼になる方の想いや、お書きになるテーマやその当時の記憶も明確になっているのではないでしょうか?

当センターの「プチ自分史」はあなたの思い出を簡潔にまとめます

最近、もっと安価で短いものができないものかというお問い合わせをよくいただくようになりました。「自分史を作りたい」というお気持ちは強くあるのでしょうが、どうしてもこのご時世、予算などの問題で実現に手をこまねいていらっしゃることの表れでしょう。

とは言え、当センターでも「自分史制作」にはある程度の時間とスキルを必要とします。ご依頼者のご要望にお応えするべく、実現したサービスが「プチ自分史」です。

本来のボリュームのものよりも、簡潔にまとめ、A5サイズで約40ページ〜50ページ(原稿用紙で30枚程度)でまとめます。

料金は、100,000円と、従来の自分史制作よりも、かなりお安い料金でご対応させていただきます。
 (インタビュー(都内)で2から3回、1回約3時間、 その他関連資料はご依頼者準備)

尚、上記料金に印刷、製本費は含まれておりません。製本料金に関しては、紙質、装丁、印刷冊数により大きく変わりますので、ご希望に応じて別途お見積差し上げます。

お問い合わせはこちらをクリック>>


こちらのサイトへ迷わず
再訪問できるよう
YAHOO!ブックマークへご登録を

  • Yahoo!ブックマークに登録

自分史製作センター
代表から
- 皆様へメッセージ -

  • 物書き屋代表 平野 栄
grayline

弊社代表
- 平野の著書紹介 -

  • 10分で上達!WEBライティング
  • 「10分で上達!WEBライティング」
    (武蔵野書院刊)

    人に伝わるWEBの文章の書き方を解説しました。
  • ◆詳細はこちら>
grayline
  • 購買心理をそそる ネットコミュニケーション&ライティングの技術
  • 「購買心理をそそる ネットコミュニケーション&ライティングの技術」
    (明日香出版社刊)

    WEB、E-メール等の、ネットで必要なライティングのノウハウがよくわかります。
  • ◆詳細はこちら>
grayline

-special link-

本サイトは、株式会社物書き屋により、運営されております。
2010 Copyright All right Reserved byMonokakiya Co.ltd