February 7, 2010

自分史へのメッセージが思い浮かばなければ

Filed under: 自分史の書き方 — admin @ 3:01 pm

自分史を書くにあたって、もし、他の人に読んでもらいたい物を書くには、「何かのメッセージ」を伝えるようにしようという話をしました。

しかし、「メッセージなんて浮かばない」という方もいらっしゃることでしょう。

いいえ、逆に「メッセージが簡単に浮かぶ」という人のほうが稀なのです。 確かに、自分の人生の中で特別な思いを抱き、書籍に残したいと言う方もいらっしゃいますが、多くの方が漠然と自分史を書きたいと感じている方ばかりなのです。

自分の思いを原稿に書き起こすと言うことは簡単にできるものではないことを是非ご理解ください。

どんな著名な作家でも、自分の作品づくりには、漠然としたイメージの中からテーマを明確にして裏付けを摂るための取材をしたり様々な資料を調査しながら素材を集めて執筆に入ります。

自分史も一緒です。勿論取材だの資料集めだのといったことをかしこまってやることはありません。むしろ、自分史を書こうと思った日から、毎日でも気がついた時でも良いので、「あんなことがあった」「こんなことがあった」といったことを、思い出したときに簡単にメモにでも書きためておいてみてはいかがですか?

ある程度それがまとまったらそれをすべて読み返してみると、自分史作成のアイデアが生まれてくることって多いと思います。

No Comments »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Spam Protection by WP-SpamFree

Copyright reserved by 自分史制作センター