自分史製作センターでは後世に思い出を残すお手伝いをいたします。

気軽に格安で自分史を制作するサービスがここにあります

「自分史作成を依頼したいけど予算が.....」
「あまり時間をかけたくない」
「もっと簡単に自分の思いを文章にしたい」

自分史制作について、当センターでも多くのお問い合わせを頂きます。

しかしながら、もっと手軽に制作をしたいという方のご要望が多いことも事実です。

そうした皆様からのリクエストにお答えして、格安で自分史の原稿の制作に対応するサービスを開始しました。

詳しくはこちらをクリック>>


自分史なら、あなたの歴史や想いを、形にして残すことができます。

book 「今までの自分の生きざまを記録にして残したい」
「自分の会社の設立から現在に至る会社の歴史を社員に知ってほしい」
「自分の思い出を後世に残したい」
「ビジネス上のステイタス作りに自分のビジネスノウハウを本にしたい」

自らの歴史や、構築してきた様々なノウハウ、また、経営者の方なら、自らの会社の歴史を社史として残したいという想いは誰にでもあるものでしょう。

しかしながら、どうやって書いたら良いか、また、製本の仕方がわからずにお悩みであれば、当センターにお気軽にお問い合わせください


自分史製作のお見積もりは無料です

自分史や社史を書くために必要なものとは?

そもそも自分史とは、自分の半生をつづったダイジェストであり生きた証です。過去の自分の世界に戻って、客観的にその当時の事を見つめなおす必要があります。

そのために、自らの生まれ育ったゆかりの地へ出向いて当時を思い出す作業も大切です。

しかしながら、何をポイントに自分の過去を振り返り、まとめていったらよいのか? 具体的に良くわからない方も多いのではないでしょうか?

さらに、具体的にそれらを文章にまとめていくとなると、躊躇してしまう方が多いのもまた事実です。

なぜなら、
「自ら原稿を書いている時間がない」
「どうやって書いてよいかどうかわからない」
「執筆をするにしても、自らの文章力がとても不安だ」
「印刷から製本まですべてを任せることができるところはないものか?」
「自分史を書くにあたって原稿執筆の方法を学びたい」

このような問題や不安、そして希望をお持ちと思います。

自分史制作センターでは、そうしたことにお悩みの皆様のために自分史の原稿の製作を行っています。

自分史を製作する上で心得ておいて頂きたい事とは

製作をする上で、一つだけ是非ともご理解いただきたいことがあります。 自分史や社史とは、自らの記録として残すものであり、また自分の周囲の人へのメッセージを託すものです。

そのためには、文章で形作るのみならず、必要とされる資料やイラスト、写真など、できる限りその軌跡を示すものを見やすく反映させる事が望まれます。

「自分史や社史を残そう」そう思われた時点で、参考となりそうなものの素材や資料の収集を行うことが大切でしょう。

勿論、あなたの個人的な資料もそうですが、過去の世の中の歴史を辿り、その時代背景を明確に表すものを収集吸うこともまた必要なことになります。

つまり、「本の内容」以外に求められる要素が多く存在することも事実です。

それゆえに、「自らの歴史」なかりではなく、その時代背景まですべての資料収集までを細かく調査しなければなりません

制作の流れは、まず、お書きになりたい内容についての情報を頂戴し、直接お会いするか、お電話で打ち合わせをします。勿論、必要であれば、ご依頼者の人生の足跡をさかのぼる取材を行い、それに基づき、構成案を当方で作成し、それに基づきながら、お打ち合わせ・インタビュー訪問・原稿作成・校正・印刷・製本までをトータルプロデュースします。

あなたのおっしゃりたい内容を事実に基づき、忠実に再現しながらも、読み手の心に訴えかける魅力ある原稿に仕上げてお渡しします。


お問い合わせはこちらをクリック>>


こちらのサイトへ迷わず
再訪問できるよう
YAHOO!ブックマークへご登録を

  • Yahoo!ブックマークに登録

自分史製作センター
代表から
- 皆様へメッセージ -

  • 物書き屋代表 平野 栄
grayline

弊社代表
- 平野の著書紹介 -

  • 10分で上達!WEBライティング
  • 「10分で上達!WEBライティング」
    (武蔵野書院刊)

    人に伝わるWEBの文章の書き方を解説しました。
  • ◆詳細はこちら>
grayline
  • 購買心理をそそる ネットコミュニケーション&ライティングの技術
  • 「購買心理をそそる ネットコミュニケーション&ライティングの技術」
    (明日香出版社刊)

    WEB、E-メール等の、ネットで必要なライティングのノウハウがよくわかります。
  • ◆詳細はこちら>
grayline

-special link-

本サイトは、株式会社物書き屋により、運営されております。
2010 Copyright All right Reserved byMonokakiya Co.ltd